音とか、画とか、、的な。

音楽の事とかいろいろ。。

このサイテーな世界の終わりを観て。【サイコパスとメンヘラのロードトリップ?】

THE END OF THE F✘✘✘ING WORLD

邦題:このサイテーな世界の終わり

 

NetFlixで配信中のこのドラマ。お勧めされて一気見。

 

友達から聞いていたあらすじは、

ヤリたい彼女と殺りたい彼氏のロードトリップ』

『彼氏はサイコパス。彼女はメンヘラ』

と言う情報。

確かに間違っていなかったけど、それ以上に深い話でした。自分はどうもこういうカップルが刹那に生きていくのに憧れてしまう。

 

。。かるくあらすじ。。

以下ネタバレ注意です!!(物語中盤まで)

 

 

 

 

 

 

 

主人公のジェームス。

彼は幼い頃、目の前で母が自殺しそれ以来感情を失ってしまう。左手の大やけどの跡は彼が『何かを感じたかった』と揚げ物フライヤーに自ら手を突っ込んだからだ。

しかし感情は戻らず動物を殺し始め、人を殺したいと思う様になる。

 

ヒロインのアリッサ

彼女は母親が再婚し再婚相手から虐待を受ける毎日。母は再婚相手にたてつく事は出来ず見てを見ぬふりをしている。実の父親からは毎年バースデーカードが届くだけ。

 

と言うヘビィな環境で育った二人は出会い、お互い『こいつは他の奴とは違う』とシンパシーを感じすぐに恋人に。。ただジェームスはアリッサを殺したい。と言う衝動に駆られ付き合い始めます。

 

彼らはジェームスの父親を殴って車を奪い、プチ犯罪を犯しながらアリッサの実父の元へ旅を始めます。

f:id:masadrums108:20180731001800p:plain

 

 

紆余曲折あり、とある無人の別荘へ侵入。

ジェームスは別荘を物色すると数枚のポラロイド写真を発見。写っていたのは無残な少女の遺体写真。。そして傍にあったビデオカメラはスナッフフィルムでした。

 

彼らと殺人鬼は案の定、別荘にて鉢合わせ。

殺人鬼は自分の寝室で寝ていたアリッサに襲いかかります。

ベット下に隠れていたジェームス。アリッサを殺す為に肌身離さず持っていたナイフを殺人鬼の首元にクリティカルヒットさせます。水道管破裂の様に血しぶきが舞い、殺人鬼は絶命。

 

f:id:masadrums108:20180731001956p:plain

2人はトンデモナイ事やっちゃった感に内心焦りながらも、お互い冷静を装い自分たちの証拠を隠滅し別荘を後に、実父の元へ。。(ついでに殺人鬼死体の周りにポラロイド写真を添えて。

 

殺人鬼の死体は殺人鬼ママによって発見され、警察沙汰に。

ジェームスとアリッサは隠しきれなかった証拠から徐々に追い詰められていきます。

また、アリッサは何食わぬ顔でナイフで一閃したジェームスに不信感を覚えて離れてしまい。。

 

と言った感じで終盤を迎えます。。

 

f:id:masadrums108:20180730232831p:plain

 

 このドラマの良い所は何より、

ドラマ内で使用されている楽曲がお洒落過ぎる。

50年~60年代の楽曲を中心にここぞと言う場面で流れてくる。

ノスタルジックな雰囲気がこのドラマのダークな部分と良い感じで溶け込んでいるのだ。

1話の冒頭いきなり、バーナデット・キャロルが歌うlaughing on the outsideが流れ

『僕はジェームス。17才。間違いなくサイコパスだ。』

 そして赤文字でバーン!とTHE END OF THE F✘✘✘ING WORLD

とタイトル。このドラマはヤバイと開始数秒で心奪われました。


bernadette carrol - laughing on the outside (lyrics)

 

 

 

 

物語の転換となる、殺人鬼を殺害するシーンで流れているのは

ブレンダ・リーのI'm Sorry


Brenda Lee - I'm Sorry

 

このセンスに脱帽です。

 

その他もアメリカのカントリーレジェンド、ハンク・ウィリアムズの楽曲も!

 

 

 

 

サイコパスだったジェームス。最初はアリッサを殺す事で頭がいっぱいでしたが

アリッサの愛情を受け徐々に人としての感情を取り戻していきます。

 

一方アリッサも『誰一人信用出来ないし自分を守ってくれる人なんて一人もいない!』といった孤独な日常からジェームスと出会った事で愛し、愛される幸せを感じていきます。

 

だからこそラストはぜひ映像で見て欲しいのですが、色々な解釈が出来そうな終わり方です。

 

何だろう、テンポも非常に良くお洒落でとても考えさせるドラマでした。

お互いに『この人の為だったら!』で自分が満たされ、支えになりながら人生を懸けれる。

ここまでの信頼関係が構築される体験を自分は出来るだろうか。。

と一種の憧れを抱いてしまいました。

 

この2人は物を盗み、人を脅し、不法侵入し、殺人を犯したカップルです。

一方で迷子の女の子を親に届けたり、轢き殺された犬を供養してあげたり

といった1面も持ち合わせています。

 

アリッサの再婚相手は社会的な名誉と財産を手にしています。

しかしジェームスやアリッサとは比べ物にならない位、人間的にはクソです。

 

そういった意味じゃ2人は純粋なんです。上手く生きる方法が分からないだけで。

 

環境がそうさせるのか。

過去がそうさせるのか。

そういった意味じゃ非常に重く冷たい話です。

 


The End of the F**king World | Official Trailer [HD] | Netflix

 

 

『僕は18歳になった。今ようやく分かった。人を想う気持ちが。』

                    :最終話より ジェームス 

チャットモンチーと言う名前に騙されるな

2018年、チャットモンチー解散。

時の流れと生き物の関係は現時点において、時の流れの圧勝である。

つまりは人間も生まれた時点で終わりの始まりだ。

バンド結成も似た様なものでバンド結成は終わりの始まりに向かっていくのが常である。

勿論復活と言うウルトラCを決めてくるバンドもあるけれど、結局は変わらない。

 

曲の始まりだって終わりの始まり。

チャットモンチーと言う素敵な1曲は今、アウトロの真っ最中。

終わり方がフェードアウトになろうがブチっと終わろうが構わない。

どんな終わり方だろうが凄い曲だったし、終わり方も相応しい終わり方になるだろう。

 

 

今の若者はチャットモンチーと言うバンドを知っているのだろうか。

SHISHAMO?SCANDAL?ねごと?CHAI?彼女達も良いバンドだけど、チャットモンチーを語らずにガールズバンドは語れない。

 

ããã£ããã¢ã³ãã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

                出典  http://www.chatmonchy.com/

 

 

 

チャットモンチー

Vo.橋本絵莉子 Bs福岡晃子の二人組バンド。結成は2000年4月。

2008年9月まではDr.の高橋久美子が在籍し、女性3ピースバンドの代表格だった。

 

 

 

 

 

こんな記事を書く位だから、私も数多く存在するチャットモンチーファンの一人。

ライブハウスにも足を運び、彼女達の演奏を目の当たりに体感し、アルバムを好んでは聴いていた。

 

チャットモンチーを初めて聴いたのは高1位だったと思う。

1stアルバムの『耳鳴り』と言う作品だった。2006年だからかれこれ12年前。

    出典  http://www.chatmonchy.com/

 

 

東京ハチミツオーケストラ

東京ハチミツオーケストラ

  • provided courtesy of iTunes

 

 このデビューアルバムの1曲目『東京ハチミツオーケストラ』

センスの良いジャケットとこの曲を聴いた時に、素直に『これは良い!』と思えたバンドだった。

当時の音楽好き仲間も案の定ハマり、ボーカルの橋本絵莉子の(当時はえっちゃんと呼んでいたw)可愛さにもどハマりした。

この年か翌年かは忘れたけど、ベースボールベアーにもギャンハマりしていた私は、

バイトでお金を貯め、『若若男女サマーツアー』と言う、チャットモンチー、べボべ、シュノーケルの3組が合同でツアーを行うライブに参戦した。えっちゃんとベボベのベース、関根嬢を同時に見れると言うそれはそれは私得なライブだった。シュノーケルはどうでもよかった

学校終わり、軽音部の先輩に

『今日えっちゃんに会ってきます!』『羨ましい!死ね!』

と言うやり取りをしつつ友達と暑い中ダッシュでアイス食いながらライブハウスに向かったのは、青春の一コマだったなぁと今でも懐かしく良い思い出のひとつ。

確か上手側がえっちゃん、下手側が関根嬢だったのでベボベが終わると即効上手側に移動したのを覚えている。

 

 

生で見るチャットモンチーは凄かった。

音が鳴って無いえっちゃんは可愛いけど、(そればっかやな)

音が鳴り始めたら別人の様にギターを弾いて歌っていた。エネルギーが凄くてある意味怖いと思ったのが印象的だった。もう音楽の鬼でした。

 

チャットモンチーの正体、、実はどすグロい。

 

チャットモンチーと言うポップでキャッチーなバンド名とえっちゃんの雰囲気で

一見、ポシティブでノリが良く、明るい曲が得意なイメージがあるチャットモンチーだが、実際は真逆と言うのが持論。

チャットモンチーと言う可愛いマスコットの下には人間のどす黒くて欲望溢れるリアルで黒い血が流れているイメージがある。

それが分かり易くイメージできるのが、1stに入っているこの曲。


チャットモンチー 『「恋愛スピリッツ」Music Video』

 

終盤の『だからあなたは私を手放せない』の連呼等はまさに狂気そのもの。

チャットモンチーの中でも凄く質の高い1曲だと思う。

また2018年3月に発売されたトリュビュートアルバムで、この曲を演奏したのがグループ魂と言うのが、もうなんというかチャットモンチーに対して頭が上がらなかった。

 

恋愛スピリッツ

恋愛スピリッツ

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 だいぶ反れてしまったけど、チャットモンチーは『可愛い!』『ポップ』だけじゃ軽すぎる、そんな印象とは全く違うベクトルに位置するバンドだ。BGMでは無く、ちゃんと音楽を鳴らしているバンドだ。深い場所で表現しているバンドだと思う。

 

頭に残る数多くの詩的なフレーズや、ブレイクのきっかけとなった『シャングリラ』での効果的な5拍子、ベーシスト界隈がざわついた『Last Love Letter』のイントロベースライン。

音楽的ポテンシャルも単純にずば抜けて高い。

 

 

そして2008年のドラム脱退。

正直、これはクソ痛いんですよ。個人的な感想としては。

チャットモンチーのドラム、高橋さんの独特なドラミングはある種チャットモンチーの大きな武器でした。Bloc Partyのマットトンみたいなドラムで凄い良かった。

ただ、そこからの初手がエグイ。ベースの福岡さんがドラムになり、ベースレスバンドで活動するんです。和製White Stripesですよ。本当にイマジネーション溢れる一手だったなと思います。

 

そしてラストアルバムの『誕生』

そのリード曲もエグイ。

 


チャットモンチー 『たったさっきから3000年までの話』

やっぱこの人たち、音楽の鬼です。

本当に面白い音を最後まで聴かせてもらいました。

なんだろう、チャットモンチー初期は、いしわたり淳治がプロデュースだったし、後期のスーパーカーとリンクしてしまう。

 

とりあえず書きたい事はもっとあるけど、文字数がヤバイのでこのあたりで。

 

数多く居るファンの中の一人ですがチャットモンチーは自分の中で特別なバンドでした。

薄い紙でこれっぽっちの刃なのですから、チャットモンチー解散と言うえげつない刃で切られてしまった感覚は否めませんが、自分の人生の瞬間、瞬間をとても素敵な思い出にしてくれたチャットモンチーには感謝しかありません。

 

締めの一曲 レキシ/SHIKIBU feat. 阿波の踊り子