音とか、画とか、、的な。

音楽の事とかいろいろ。。

青い果実

2019年が始まって、間もなく半年になろうとしているのに、今年初投稿となりそう。

 

何事も継続は力なり。という事でスパンが空いても継続する事が大事なのだ。(という言い訳)

先日、青い果実という映画を見た。

2013年、フランス・ベルギー・スイス・ルクセンブルグ合作?の作品。

ジャンルでいえば、”ロストヴァージン"物で、所謂"青春"では無く"性春"を描いた作品。

 

ただ、アメリカンパイのようなおふざけおバカ系性春映画ではなく、全体的な雰囲気は

少しマイナー調でアンニュイな感じ。ただ性描写はがっつり描いててそこらへんの対比が良い感じの空気感を出していたと思う。THEフランス映画だなぁって感じ。

 

 

平凡な毎日で退屈してる、性には興味ある、彼氏はいるけど億劫で初体験も出来ない。

そんな少女にヤリマン性に奔放なちょっぴり年上な少女がやってきて…

といった内容。

自分は女では無いのでがっつり共感等は出来なかったけど、微妙な年齢の心境を描いている事は出来ているのではと感じた。ただ外国人が出てる映画だから成り立ってる感も否めなかった。表現する上での人種ってとても大事なんだなぁとそういった事を強く思った作品ですね。もちろん人種だけでな無く、風景、家の中のアンティーク物、ファッションなども関係していますが。

 

様々な憶測を生むラストシーンですが作品の深みを何層も下げ、単なるエロい洋画で終わってない所が良いですね。

 

そしてなんといってもBGMが超クール。作品全体で効果的に流れる音楽がおしゃれです。

 

映画冒頭の彼氏との初体験がうまくいかず、彼氏と二人でスクーターに乗って

倦怠感満載の天気と開放的な田園風景を疾走するシーンはある意味個人的なこの映画のハイライト。

そのシーンで流れているのがSOLDOUTカバーバージョンのペットショップボーイズのIt's a Sin この曲の歌詞の意味も含めてある意味この映画の1番イケてる部分だと思いました。

 

 

予告編も置いておきます。

 


PUPPY LOVE - Trailer with English subtitles

 

 

 

Hump Back 今最も刺さる若手バンド! 個人的激推しアーティスト④ 

先日、最近良いバンドが無い。。と言ったばかりですが(笑

 

ここ最近で1番注目している邦楽バンドを紹介します。

 

Hump Backというガールズバンド。彼女達ヤバイですw

ここ最近のバンドでは断トツ刺さる音でした。

 

Hump Back(ハンプバック) 2009年に高校の軽音楽部より結成された大阪出身の3ピースガールズバンド。

メンバー
林萌々子(Vo./Gt.)
ぴか(Ba./Cho.)
美咲(Dr./Cho.)                 公式サイトより引用

 

 2016年にミニアルバムが出た時に「良い音出すバンドだな~」と直感的に気になっていました。 

www.ototokaetoka.com

 

その後着々と売れて来ていますね。

売れると色々変わるバンドが多い中、彼女達にはぶれないでほしい。と細やかな願いです。多分このバンド、大丈夫だと思うけど。

でもその分キツいバイアスはバンドにかかりそう。

 

ガールズバンドと言えば、

チャットモンチーが先日、解散しました。

チャットモンチーのトリビュートにもHump Backは参加していますし、

先日のこなそんフェスにも出演していました。

スペシャでちらっとライブ映像見ましたが、すごくよかった。

てか、基本的にボーカル林萌々子のMCが良いんですよね。

ロック的なカッコいい事言う+それが心に刺さるんです。

上っ面じゃないんだなってのが波動として伝わる感じ。

 

それはもちろん音としても伝わります。


Hump Back - 月まで (Official Music Video)

 

最初に聴いたこの曲でやられました。「バンドやってるな~!!」って音が凄い良い。

複雑な演奏、独特なコード進行は無いんです。

茂野吾郎的なストレート一本で勝負する感じがロックでドカンと来る。

そんなバンドは世の中に腐る程いると思うけど、その数ある中かから一歩抜き出した彼女達は凄いんでしょう。単純にエナジー溢れるバンドは抜き出しますよね。

 

上手く言えないけど、楽器が上手くならないで欲しいバンドって感じです。


Hump Back-星丘公園 Music Video

 

自分がバンドを見る時はメンバー間のエネルギーのバランスとか「輪」みたいなものを凄い気にしちゃうんですが、Hump Backは3人のバランスが凄い良いんですよね。

ボーカルがエモく、エナジー熱くて暴走気味で引っ張っていく感じ。
ドラムが逆に冷静に落ち着いて土台を固める感じ。

ベースはその中間地点。

物理的な音や動き、目には見えないその人から出る音楽への衝動のタイプ、雰囲気含めて凄くバランスが良いんです。

今まで見てきた3ピースバンドの中でバランスが最強なのは現状MUSEだと思ってて。

それに近い物をHump Backには感じました。

 


Hump Back - 「拝啓、少年よ」Music Video

 

 

実は今度、地元にライブで来るんです。

仕事が忙しい中、休み取ってライブハウスいきたい!って思うテンションになった久々のバンドなので実際ライブを見に行ってみたいと思います☆

 

余談ですが、ガールズバンドの勢力図って今後どうなっていくんでしょうね。

チャットモンチーが居なくなった後、次はどんなガールズバンドが一世を風靡するのでしょうか。

じわじわ来てんのはSHISHAMOCHAIyonigeBAND-MAIDCREA、あたり?

ちょっとヒエラルキー高いのはSCANDALSILENT SIRENあたりなのかな。

赤い公園、ねごとはちょっと最近聴かないなぁ。。

CHAIとか売れたら面白いなぁと思うけどちょっと色物感あるし、Hump Backがどこまでのレベルに来るのか、楽しみ!

売れてでかいハコでする前に小さいライブハウスで見ておきたい。

Hump Backは悪い意味では無く、小さいハコの空気感が似合うバンドだと思うから。

最後に、

 

 

ガールズバンド横文字多すぎじゃね!?