音とか、画とか、、的な。

音楽の事とかいろいろ。。

アメリカ女性歌手の歴史を探る①

えっと、、タイトルの通りです(笑

所謂、『ディーバ』ってカテゴリになるんですかね。定義がはっきりしないので、

個人的な感覚も含みますが、歴代アメリカンディーバを辿っていきたいと思います。

バンドの女性ボーカルとかグループとかは省いて、今回はソロで勝負しているアメリカディーバオンリーでいきます。

60年代70年代も含めるか悩みましたが、ちょっとズレてるかなぁと軽く思ったので80年代から。

何故ならば80年代に将来、『ポップスの女王』と言う名声を手にする一人の女性歌手がデビューするのです!

 

もう皆さまお分かりでしょう!

 

 

 

 

 

 マドンナです('◇')ゞ

「バーニング・アップ マドンナ」の画像検索結果

こちらは83年デビューのマドンナの1stアルバム。

2ndアルバムの方が売れてて有名な曲も多いですが、自分は1stの方が好きですね。

 

初期の作品。まさに80年代ダンスナンバー。

 

 

こちらは2ndアルバム収録の超有名ナンバー。歌声も完成された感じがしますね。

マドンナは現在進行形で活躍してますが、これはとてつもなく凄い事だと思います。

女性アーティストでフェードアウトせずに第一線で戦ってるのは称賛の一言につきます。

 

同じく、80年代デビューでオススメのディーバは、こちら!

 

ジャネット・ジャクソン! 

兄ちゃんの存在があまりにも大き過ぎる為、日本での知名度は滅茶苦茶高い訳では無いですが、実力派のR&B歌手です。顔も仕草も歌い方も兄ちゃんそっくり!!ギター痺れるなぁ

 

そしてもう一人!

敢えてのド定番を。

 

「She's So Unusual」の画像検索結果

シンディほんと良い。。(笑 理屈無しに明るくなれたり、パワー貰えたりするのは何なんでしょう。やっぱデビューアルバムが好きで今でも良く聴く1枚です。

因みにWe Are The WorldのキモはCメロのシンディがシャウトした所と思っています笑

歌は心で歌うもの等よくある言葉ですがちょっと語弊があって、心で意識しても結局はその人の心模様とか生き様って絶対歌に反映されると思います。特にこういう明るくパワフル系の場合は。ロックと言う定義になるとちょっと別ですが。。

シンディが人を騙すような意地悪い心の持ち主だとしら、同じ曲で同じ歌い方をしても

ここまで響く物は得られないと思います。

 

 

 

続いて、90年代に行きましょうか。

90年代はもう、ズバ抜けてマライアとかセリーヌディオンの全盛期ってイメージしかないんですよね。アラニス・モリセットはディーバとはちょっと違うし(てかカナダ生まれだし)、メイヤとか凄かったけどスウェーデンだし、スパイスガールズはグループだし。ナタリー・インブルーリアのトーンが出たのも98年。めっちゃ好きな曲だけどし彼女はオージー。そして正直マライアとかあんま聴いてないんですよね(;^ω^)

んで紹介したいと思ったのがこの2名!

トニー・ブラクストン

この迫力ありながらも落ち着く歌声。マライアとかよりは知名度無いかも知れないけど

こっちの方が好きだなぁ。トニー・ブラクストンを聴きながらワインを一杯とか滅茶苦茶オサレですよね~‼ワイン飲めないけど!

 

 

メイシー・グレイ

99年と言うギリギリにアルバムデビューしたメイシー・グレイ

何と言ってもこの渋い声。綺麗な声より個人的には好きかなぁ。

メイシー・グレイを知ったのはレディへのクリープをカバーしてたのがきっかけ。

コチラも是非聴いてください。レディへ好きも納得のカバーでしょう。

 

そして同じく90年代の後半、あのディーバがデビューします。

誰だか分かりますか??

 

ではまた次の機会に☆ご覧いただきありがとうございました。

締めの一曲Jennifer LopezIf You Had My Love

あしたの私のつくり方とは

お題「最近見た映画」

 

色々な映画には色々なバランスがある。

 

受け手側がどこまで、読解力を高めていくか、感受性のアンテナをどこまで伸ばすか。

 

例えば特攻野郎Aチームみたいなアクション映画は物語が勝手に進んでくれて分かり易く、頭の中が128kbpsの通信制限的な感じ方でも容易く楽しめます。

それが悪いとは言いません。それはそれでとても良い映画だと思います。

 

逆に、2001年宇宙の旅みたいな映画はアンテナ感度MAXにしてストーリーを見つつ

頭の中はぐるぐる受け取ろうと必死になるわけです。

所謂"難しい映画"と言われる部類で良く言えば"深い映画"と評価されます。

 

一般的には映画と言うのは分かり易く、「最後はこうなるんだよ」と答えを出して物語を完結させてあげるのが多いですが

 

これだ!と言う絶対的な答えが無い映画は世の中に沢山あります。

ふわっと輪郭だけ描いて後は勝手に想像して~みたいな感じ。それはそれでありですが(^^)

 

またどの角度から映画を観るのか?でも印象は変わります。

好きな俳優が出てるから・スカっとしたいから・みんなみてるから

理由は様々です。

知り合いの方で『この役者はどんな想いでこの役を演じているのか?』と言う観点から見る方が居てその方の観方は興味深いものがありました。

 

前置きが長くなりましたが、

先日、あしたの私のつくり方と言う邦画を見ました。

 

あしたの私のつくり方 [DVD]

あしたの私のつくり方 [DVD]

 

Amazonレビュー

2007年4月に公開された、成海璃子主演、前田敦子AKB48)共演の友情ムービー。原作は、真戸香による同名の小説。現代の少女たちの“ライフライン”ともいうべき携帯電話を介してふたりの女子高生が自分らしさの再生をめざす物語で、ともに不器用な彼女たちの姿がたまらなくいとおしい。ついつい“いい子”を演じてしまう寿梨(成海)と、クラスで無視されている日南子(前田)。立場は違っても、“あるべき自分”に戻りたい気持ちは同じで、現実と虚構の距離感に悩む辛さは、大人にも大いに共感できるところ。ヒロインたちと同年代ならば等身大のストーリーとして、また、もう少し大人ならば、今一度“自分のあり方”を見つめ返してみたくなるさわやかな作品。市川準監督ならではの、やわらかさの中に凛とした冴えのあるタッチが際立っている。

 

 おもしろいと言う定義は人ぞれぞれ違うと思うけど、この映画は決して物語が引っ張ってくれる面白い話では無い。

映画らしい事が起こらない映画と言った感じ。

 

先ほどの映画のバランスで例えるならば受け手側のパワーと言うか集中力が必要な映画だと思う。

 

でも

 

 

だからクソつまんね~よ、退屈だよ。

って感想に着地する映画でもない。

 

他人の心に居る自分はどんな人格か。

自分の人格の一部を切り取り、切り取った人格で人に関わるのか。

切り残され、残った自分は何者か。

ロジックじゃ難しい部分をズバズバついてくる感じ。

 


あしたの私のつくり方

 

高校生の頃に出会っていたらまた感想も変わったのだろう。

こんな事思ってたなぁと言う感想は大人になったのか、何かを諦めたのか、余裕が出たのか。。

 

最後に。携帯のシーンが邪魔になる程懐かしかった。。。